1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 美味しいお米 >
  4. 「食べるためのお米」「売るためのお米」

ブログ

「食べるためのお米」「売るためのお米」

一面黄金色
いつの間にか時代の流れと共に「食べる為の米」栽培から「売る為の米」栽培に知らず知らずのうちに変わっていました。

ある農家さんは、家用の飯米は無農薬で栽培し、出荷用のお米には農薬をふんだんに使用するそうです。なぜなら、稲が病気に負けたり害虫に台無しにされれば
お米の収穫が出来ず、生活が成り立たなくなってしまうからです。

百姓思想家、宇根豊さんは、自ら生産者の立場としてその危険性に警鐘を鳴らし、まず生産現場の意識の改革が必要である事を唱えていらっしゃいます。

でも、現実は難しい。

YESかNOかではなく、そこに折り合いを見つけ良いものを生み出せていけたなら、努力は無駄にならないはず。

10年後、自分で田んぼを作るようになったら、田んぼの隣でダチョウを飼育してその鶏糞で有機栽培をしてみたいと考えます。
なるべく農薬を使用せずに、自然たっぷりのお米を栽培。
昔からなぜかダチョウが好きでした!(^^)!


・・・で、新鮮なダチョウの卵かけご飯絵文字、夢が広がります!(^^)!


にほんブログ村 環境ブログ 有機・オーガニックへ
にほんブログ村
絵文字だった方はクリックお願いしますm(__)m

関連記事
NO IMAGE
リピーターさん (03月30日)
ブログ画像
お詫び (04月07日)

コメント
name.. :記憶
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):