1. HOME >
  2. ブログ >
  3. 田んぼ日記 >
  4. 百姓・農業思想家 宇根 豊さん

ブログ

百姓・農業思想家 宇根 豊さん

生産者の佐々木さんより、宇根 豊さんの新聞記事が送られてきました。

その内容は、「天地有情の共同体守れ」と題し、自ら生産者である立場から、今の資本主義的価値観を持った農業生産はもう止めようではないかと問うものでした。

長崎の方なんですね。

実は、今じわじわと農業の生産現場では意識の高まりと同時に実際に栽培方法も変化してきています。

でもまだまだ農薬バンバン散布の古い体質から抜け出せない実情も多く見られますが・・。

宇根さんも団塊世代の方のようです。
このような方々がまだ日本の農業を支えて下さっているうちは安心ですが、その後を受け継ぐ世代にぽっかりと穴が開いてしまっているんですね。

考えなくてはならないのが、この先10年20年後。

あっという間な様な気がしてなりません。

考えているだけでは仕方ないでしょって事で、今日もブログ更新せて頂きました
m(__)m


関連記事
お米の話・4 (10月24日)
お米の話・終わり (10月25日)
栗駒の駒は馬のこと。 (01月08日)
百姓・農業思想家 宇根 豊さん (01月20日)
「冬水田んぼ」 (02月15日)
2016年稲作計画 (02月20日)
減農薬栽培への努力。 (02月21日)
前の記事
次の記事
COMMENT
まだコメントはありません。
name.. :記憶する
e-mail..
url..

画像認証
画像認証(表示されている文字列を入力してください):