1. HOME >
  2. タグ検索

タグ検索

『 田んぼ 』の検索結果 ( 34件 )
長沼さんの目からウロコ農法
いつもお盆ゴロに帰省し、畑の草を草刈り機で刈り取る際、 カメムシ条例のようなものがあって、 田んぼの近くの草は刈っていけないと、言われる。 草に潜むカメムシが、稲穂に飛び散ってしまうからとの理由だ。 長沼さんが、言っ・・・ [2018年08月26日]
無肥料・無農薬農法の長沼さん
無肥料・無農薬でお米の栽培をされている長沼さんに お会いさせて頂きました。 元来、田んぼには、 色々な微生物や虫等の生き物が生息し、 自然そのままでも、その土壌は沢山の栄養素を含んでいる、という考えで 敢て肥料を撒かない農法である・・・ [2018年08月18日]
このままで、良い!
6月、この田んぼが、、 8月、こうなっていた。 雑草を手抜きする気満々で帰省したものの、 見た瞬間、無理だ、、、と悟った(>_ [2018年08月15日]
水田魚道の設置現場
三塚さんの水田魚道の設置現場に同行させて頂きました。 U字溝が普及したことで、田んぼの生態系が損なわれてしまった。 三塚さんはその生態系を復活させるべく、田んぼに 魚達を遡上させる仕組みを考え、その設置の普及に務め日々・・・ [2018年08月14日]
雑草が、はんぱない!
いや~、すごいです。 手植で挑戦した、農薬を使わない田んぼ。 雑草、はんぱない!!!! こちらは、除草剤振った田んぼ。 何もない、、、。 技術の力って、すごいと思う。 食べたいのは、どちらの米か。 多分、味にそんな・・・ [2018年08月10日]
有機無農薬田んぼ
今年初めて、有機無農薬のお米に挑戦! といっても、5畝程の小さな田んぼですが。 今日は、事前準備の代掻きを近所の方にお願いした。 田植え直前にも、もう一回。 雑草対策らしい。 まっ、どうなることやら、、なのだが 楽しみは楽・・・ [2018年05月09日]
農作業手伝ってみたものの・・
手前が、我が息子。 農業に興味があるらしく、この度の帰省に自ら志願し付いてきた。 まる2日間の農作業で彼が出した結論は、、、、 「俺さぁ~、やっぱ農業は無理だな」 「3日目手伝ってと言われてたら、死んでたな・・」 「母さん死んだ・・・ [2018年05月06日]
ラストラン!
なぜか、ゴールデンウイークは宮城に行きたいという愚息を連れての帰郷。 佐々木さんファミリーにお邪魔させて頂いて、2回目の農業体験をさせて頂き、 感謝です。 私は、代掻きをさせて頂いた。 今思えば3年前のゴールデン・・・ [2018年05月05日]
ケシゲンゴロウ
ほとんどの田んぼでは見られなくなったという、ケシゲンゴロウ。 斎藤さんの田んぼにいましたよ!(^^)! 桃源郷の水は虫たちのオアシスですね [2017年10月06日]
斎藤さんの有機田んぼ
除草機をかけた後の田んぼ。 除草剤を全く使用せずに、ここまでにするのに、 どれだけの労力が費やされたのかと思えば思うほど、感慨深いものがあります。 ひと言、美しい!!! [2017年07月28日]
生活用水について考える。
お米を広く栽培しいている生産農家さんから聞いた話しですが、 何年か前に、作っている田んぼの水源の上流に集合住宅が立ち並んだところ その田んぼだけ一気にお米の味が落ちてしまったそう。 おそらくは生活用水が原因だろうとの事。 ・・・ [2017年07月22日]
2017年初夏IN宮城
実家の庭の草取りに、帰省。 まずは、大好きな一本道の風景。 稲株がたくましく成長していました!(^^)! そして、毎年少しずつ環境保全の田んぼが増えている! でも、全部ではないです。 環境保全米は諸々の基準がありますが、 しいて・・・ [2017年07月18日]
母を語ってみたくなった。
農家の嫁に嫁いだ母。 当時は、農家の嫁とならば農作業をするのが当たり前の時代。 今でもいろんな姿を思い出すけれど、 一番は、田んぼの水見の時に小学生だった私を連れ出し、 農家はこんな仕事が大事なのよ、と、さり気ない感じ・・・ [2017年06月13日]
畦畔整地
佐々木さんの田んぼの整地に 齋藤さんが出動されている様子。 大地の息吹を感じる画像です。 [2017年03月25日]
リピートのお客様ありがとうございます。
本日も、リピートのお客様よりご注文頂きありがとうございます。 父親が亡くなって、死ぬ間際まで田んぼの事を心配してました。 これから農業が衰退していく時代を憂い、 だけれども、田んぼを愛した父でした。 そんな父親の為に、・・・ [2017年03月12日]
そんなこんなで
宮城県の中でも、美味しい米が出来ると有名な栗原。 何故にと言えば、昔から栗駒山嶺の雪解け水が、直に田んぼに引かれる立地。 宮城と言えば仙台を知る方は多いでしょうが、栗原は栗駒山の麓に位置する、 「マジ田舎」なんです。 ・・・ [2017年01月14日]
新年に向けの抱負。
お米とともに、 大地とともに、 あることを忘れずに、 受け継がれたものを、 無にすることなく、 それよりも、いっそうに、 活かし、生かされる、自分でありたい。 ちょっとのことを、億劫になる私の なまけ心を、来年・・・ [2016年12月31日]
三塚 牧夫さん
三塚 牧夫さん この方も築館高校のご出身で、佐々木さんの同級生。 私が田圃の事も含め、農薬使用の弊害について考え始めていた時に 「水田魚道」の設置にご活躍されている方がいると紹介して頂きました。 その分野でとても有名な・・・ [2016年11月20日]
佐々木さんの米
まぁ、生前父親は生産性重視だったのか、平たく言えば作ってれば一応お金にはなるんだぞ的な 米作りをしていた訳でして、、、、 突然他界した後に、残された田んぼを請け負って頂いた佐々木さんには感謝、感謝。 佐々木さんの米を初めて・・・ [2016年11月19日]
天日乾燥中。
三塚さんの田んぼ。 ただ今天日乾燥中。 三塚さんのササニシキは、懐かしい味わいのあるお米です。 そして、とても美味しい! 発売は11月3日より。少々お待ちくださいませ。 [2016年10月24日]
顔写真1
生産者佐々木さん
アースファーム玄、成り立ちのきっかけは 佐々木さんの、環境保全米ひとめぼれ、つや姫を食べたのが始まりでした。 カントリーに供出せず、 籾摺り、乾燥調整を自ら行ったり、稲の育て方・・・ [2016年10月17日]
農薬を使用しない除草方法
殆どの田んぼでは、年に3回は除草剤が散布されると聞きます。 この度の帰省中にも、遠くの方で白い煙が田んぼを覆うのを何度か目にしました。 齋藤さんに雑草はどのようにしているかを聞いたところ、 米ぬかを撒いて雑草対策をして・・・ [2016年08月22日]
CSと向き合い、頑張っていらっしゃるお客様へ
齋藤さんの有機玄米ササニシキが届けられます。   親品種にもち米の系統があるお米は、あくが強くアレルギー体質の人には向かないのだそう。 冷害に弱く病気が付きやすいという理由から、最近ではあまり栽培されな・・・ [2016年08月20日]
IN 宮城 2016夏 齋藤さんの田んぼ。
この度の帰省中、齋藤さんの田んぼを見せて頂きました。 有機肥料栽培で、農薬を使用していない自然そのものの田んぼ。 いつも、整然とした田んぼを見慣れてしまっているので、 かなり驚きというか、感動ものでした。 まずは、田んぼ・・・ [2016年08月18日]
お米の命は「水」です。
こちらは田んぼの水質と生きもの調査の画像です。 さっとすくった田んぼの水の中に生き物がこんなに沢山!(^^)! メダカ、ドジョウ、オタマジャクシ、イモリ(?)ヤモリ(?) ヒルがいたら怖いけど・・ 生きものが沢山いる田んぼ・・・ [2016年06月29日]
農機具は高価すぎるのでは・・?
この画像、佐々木さんのささりやすい田んぼで、齋藤さんが田植えを行った時の模様。 結局このまま身動きがとれなくなってしまったそうで、田植え機脱出も大変だったようです。 私は、真っ先にこの田植え機が心配になりまし・・・ [2016年06月20日]
若い、稲。
植えられた稲が、根付き、一安心。 毎年繰り広げられる事ではありますが、 本当のところ、生産農家の皆さんは冷や冷やドキドキなんだと思います。 今思えば、この時期、気が抜けないものだから、今は亡き私の母が、田んぼの水見の時期・・・ [2016年06月12日]
バタバタしてたら、忘れてた(汗)
去年5月20日、代々続いた田んぼを守ってくれていた父親が突然亡くなった。 去年の一昨日・・・。 子供は私と2つ上の姉、女二人。 跡継ぎの男の子が欲しかっただろうな・・。 亡くなるまで、色々と断腸の思いもあったと思う。 ・・・ [2016年05月22日]
IN 宮城 GW 5 一周忌
本日、父親の一周忌を親戚の方々のお陰で無事終える事が出来ました。 親戚の方々が宴の最中、父親が残してくれた田んぼに最近楽しさを覚えてしまった私は、日本の農業をこれから背負っていくだろう親戚の若君をつかまえて、そっちのけで農業・・・ [2016年05月07日]
一面黄金色
「食べるためのお米」「売るためのお米」
いつの間にか時代の流れと共に「食べる為の米」栽培から「売る為の米」栽培に知らず知らずのうちに変わっていました。 ある農家さんは、家用の飯米は無農薬で栽培し、出荷用のお米には農薬をふん・・・ [2016年04月29日]
つや姫終
お詫び
大変申し訳ございません。 佐々木さんの「つや姫」販売終了とさせて頂きます。 新米が出てからの半年間、「つや姫」人気が日を追うごとに増しリピーターさんの一番の商品が「つや姫」でした。 ・・・ [2016年04月07日]
栗駒山
名水のあるところ。
栗原市は昔から、名米の産地でした。 地図を見て頂ければ分かると思いますが、栗駒山嶺のホントに麓。特に、築館・一迫は美味しいお米が採れるので有名。 お米の命は「水」なんですね。 あの有・・・ [2016年02月15日]
一周忌の準備。
昨日親戚の者より電話があり、父親の一周忌はどうするのかとの話・・・。 早めにお寺さんに予約入れておかなければ、よい時期はすぐいっぱいになってしまうとの事。 早いっ(;_;)/~~  父親が亡くなり、あの時、長年田んぼ仕事を手伝・・・ [2016年01月24日]
晩秋の田
宮城に帰って来ました(^-^)
福島県に入ると、高速道路に気温3度の標識板。寒いです(>_ [2015年10月31日]
検索キーワード
検索範囲